1回目 カイロプラクティック・事実と観念

事実と観念を混同してはいけない。パーマー先生の場合、背骨を「ガクー」としてよくなった過去の事実。背骨を「ガクー」とすれば良くなる期待観念。HP:waichisato.com
カイロプラクティックの世界に生きていると、しらずしらず事実と観念を混同しそうになる。
*観念():具体的な事実から離れて、抽象的に頭の中だけの考えにかたよるようす学研・現代新国語辞典より引用。

入口、DDパーマーのカイロプラクティック発見の動機となった話からはじめよう。
1895———施術音とともに17年間耳の聞こえなかった男、ハーベーリラードの耳は聞こえるようになった」。カイロ史より。
10数年ほどまえになる、ある編集者とはなしをした。かれが言うには、パーマーの話をうたがう医師達もいるというのだ。おこりえないという理由からだ。

しかし我々はパーマーと似たような話を報道で二つは知っている。リサ・リードと元学校教師のことだ。
リサは頭を強く机に打ちつけた。元教師は山からころげ落ちた。どちらも途中失明ではあったが視力が回復した。
カイロの話を否定した医師達なら何と言うのだろうか。「一方は嘘。一方は真実」?

現実的なはなしとして考えてみよう。
二人と同じような条件をもつAさんが治療家であるあなたに相談にきた。「治るのなら私も二人の方法をためしてみたい」。
あなたはそんなAさんにむかって「よしためしてみろ」と言うだろうか。たぶん言わないだろう。机の方はそうとう痛かったという。山の方は命をうしなう危険もある。
かりに痛くなく安全であったとしても、「そんな事で治るのかなー」という疑問がのこるのではないのか。私なら疑問がのこる。

偶然はないという哲学者もいる。二人におきたことは何千あるいは何万分の1の確率でありえることなのかもしれない。しかしその確率がAさんにもめぐってくるとはかぎらない。

もう一度カイロ発見の話にもどって考えてみよう。「ガクー」とすることによってパーマー先生の場合、患者さんが良くなった。過去の事実。では「ガクー」とすれば患者さんは良くなるのか?

Aさんに対してリサ/先生とおなじ方法をしても難しいと考えたあなたならどう判断する。
確かに人のおもいとしてはわかるだろう。ただ治療家としては事実と期待観念を一緒にすることはさけなければならない。

*       *
疑似問題として今度は私が臨床家である佐藤先生に質問をする。
先生の言っていることは婉曲的に背骨への直接治療を否定しているように聞こえる。私は臨床家として背骨への治療で治癒させたいくつかの実例をもっている。これをどう考える?

私もQ先生に質問をしたい
治癒した例は「良し」として、治癒しなかった例もお持ちだとおもう。一方は治癒。他方は治癒しなかった。二つを分けたものは何んだと考える。

答えとして有力候補になるのは
・治癒した例は「治療対象部が背骨上にあった」。
・治癒しなかった例では「治療対象部ば背骨上なかった」。
問題は両者の違いをどう判断するのかにあるこれからのブログの共通したテーマになる。

*       *
TV「相棒」の決めセリフではないが最後に一つ。
「ガクーという施術音はカイロでは重要だ。患者さんに治療しているのだというアピールができる。施術音をもっとよくだせ」。このようにスタッフに指導する院長もいるとのこと。
カイロプラクティック治療と名のっている自分も同じように思われるのか。残念!
20115月    佐藤和市DC.

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

1回目 カイロプラクティック・事実と観念 への2件のフィードバック

  1. TAKAKO より:

    事実と観念。
    非常に興味深く拝見しました。
    今後のブログにも期待しておりますので、また
    更新してくださいね!

  2. あやの より:

    佐藤先生お久しぶりです。私を覚えていらっしゃるでしょうか?
    カイロプラクティックの学校でお世話になったあやのです。
    もう忘れてしまわれてますかね(^^;)
    今日たまたまカイロプラクティックのことを調べていて、先生がどうされているのか気になり、先生の名前で検索したらこのブログが見つかりました。
    私は今でも、先生の講義に使ったノートを大切にとってあります。
    読み返すこともあり、くたくたになっています。
    私はまだ完全にカイロから離れてはいません。
    今日、まさに、パーマーやハーベー・リラードのことを主人と話していたんです。
    『ボキボキ』と骨を鳴らすこと=カイロではないとか・・・
    先生のブログにたどり着き、とっても懐かしい気持ちになりコメントさせていただきました。
    また更新してくださいね♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中