85 回目 コレステロール値について

前回85回目にたまたまコレステロール値について、昭和2年生まれの女性の質問をあげた。「なぜ、脂質食品あまりとらないのにコレステロール値が上がるのか」というものだった。   メール:info@waichisato.com

2週ほど前、TVを見ていたら、最近のコレステロール値についての見解が述べられていた。
「コレステロール値は直接的には食品に関係しない」というのだ。肝臓であとからつくられるという。

私はコレステロール値の変化が、身体の横揺れ構造と関係するのがわかっていたので納得をした。

ここで1つ提案がある(wiki)
ビタミンB3についてだ。害になるようなコレステロールレベルを低下させる一方、HDL:身体に有益なコレステロールを増加させる働きがある。心臓病のリスクを軽減させる。
研究によれば心臓血管系の疾患リスクは、HDLによって下がるという。

少し強めの運動もHDL値を増加させるようだ。喘息の低下/動脈硬化治療/予防にも効果がある。心筋梗塞/アルツハイマー病/関節炎にも効果があるようだ.(weil)。

食事によるビタミンB3の摂取
ニワトリの胸肉/マグロ身/子牛の肉/精製(白くしていない)していない穀物等がビタミンB3をおおく含む。

いま1つ
ネット上に元東北大学名誉教授:近藤正二先生のことがのっていた。食事との関係で、ヒトが長生きをする/長生きをしない理由をもとめて、日本中を歩きまわった先生だ。さらに
移民1世にくらべ、2/3世が長生きをしないので、その理由を求めハワイにも行ったようだ。

近藤先生によれば1世は、野菜/海藻/豆腐などを食べていたので長生きをした。2/3世の時代は肉ばかり食べるようになったという。

同じ資料に2015年10月のWHOの報告がのっていた。
「加工肉は発ガン性がある。赤い肉もおそらく発ガン性がある」。赤い肉/加工肉の摂取が多くなるほど、大腸ガンになる可能性が高くなるという。脳卒中や死亡率の上昇にもつながるようだ。
赤い肉は、牛肉/豚肉をさす。白い肉は鳥肉をさす。身体には鳥肉の方が良いようだ。

これを読んで以後、私はできるだけ白い肉(=鳥肉)を食べるようにしている。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中