89 回目 新春 もっともらしいが実は?

すでに何回にもわたって治療後(=術後)検査の重要性をのべてきた。治療者の中には、術後検査を無視するもの。脚長検査だけで、「本日の治療」を終わる者もおおい。どのように検査をおこなえばよいか、いま模索中の者もいる。

体表医術の世界にかぎっていえば、術後検査にもちいるのは、自然の中に存在する普遍的な資質をもちいるのが1番よい。なぜなら全ての事象に共通だからだ。

普遍的なものをいくつ上げてみる。地球の自転によって生じる明暗。重力によっておきる地球の中心にむかう力。音などがある。術後検査に用いるのに有利な資質だ。

いま自然のもつ資質以外を術後検査にもちいてみよう。体表医術で代表的な脚長検査法だ。
脚長検査法の最大の欠点は、治療者が患者さんの身体に触れなければ、測定ができないことにある。

物理学では実験の観察結果について、実験者の意識をいかに除くかを問題視する。それだけ、実験者の意識介入はおきやすい。
まして治療者が患者さんに直接触れておこなう観察結果は、物理実験よりはるかに治療者の意識が介入しやすい。
患者さんの身体に触れての脚長検査で、「本日の治療」を終了することができない理由がここにある。

❖同じことを繰り返す                              88回目でものべたが、非線形系では同じものは一つもない。同じ治療の仕方/同じ部位を同じ順番で治療するなど、原理として成りたたない。毎回おなじ部位が同じ順番で反応するようなら、その治療者の考え方に問題がある。患者さんではない。

❖治療にともなう体温の変化                          ザックリ言って体表医術の治療とは、重心を理想モデルsin90°に向けておこなうものだ。実際の身体は理想モデルからはずれている。周波数レベルになるだろうが、体温は上昇過程になる。
ジノセグレによれば口の中の温度は37℃だという。ただ感覚的には個人に差がある。暑がり/寒がり。脈拍数も異なる。

つまり治療とはアジャストメントごとに変化するであろう、周波数レベルの温度変化に合わせておこなうものだ。そうでなければ反応は出てこない。
出ると主張する者もいると思うが、その結果は測定から出てきたものではない。治療者の意識から出たものだ。一番簡単な治療後検査:ハカリ/さげふり糸で調べれば一目瞭然のことだ。

例えば                                     身体に磁石を接触させ、脚長が変化したのでこの部位を治療する。また患者さんのある部位に触れ、脚長が変化した。だからその部位を治療する。
それ以外に脚長を変化させる部位が無いという保証はどこにもない。ただ治療者の思いこみだけで治療をする。

治療をすれば、治療力が身体に入るとも思っている。治療後測定があやふやのために、わけのわからないことがまかり通ってしまう。そして治ったと思いこむ。

以前にも述べたが、ヒトは自然界の産物。治って当たり前なのだ。治せないのはまだその疾患の本質に認識がいたっていないからだ。

だからこそ治療者は、なぜ治らないかに重心をおくべきであって、治った方に重心をおくべきでない。

広告
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

88回目 体表医術で難しい4つのこと

・治療姿勢について。
・治療姿勢・検査・治療を一致させる。
・非線形系である以上、同じパターンの患者さんはいない。
・患者さんに触れておこなう「本日の治療」終了検査は、さけるべきだ。

◆治療姿勢
立体構造の身体は普通3つの治療姿勢をもつ。立位/仰臥位/腹臥位。他に車の交通事故による、座位治療姿勢もある。ただエアーバックの発達した現在、座位姿勢による治療はかなり少ない。仮にあったとして、その個人について1回ぐらいであろう。

身体を1つの「系-」とみなす
身体は3つの治療姿勢:立位/仰臥位/腹臥位で1つの系-をなす。3つの姿勢で外的要因に対応している。言いかえれば治療対象部はかならず、治療姿勢と2つで1つの関係にある。

治療進行過程で、治療姿勢あるいは治療対象部のどちらか一方を間違えたとすれば、治療は収束しない。むしろ発散する。

◆治療姿勢/検査/治療を一致させる
治療対象部は適した姿勢にしか反応しない。適さない姿勢で検査をしても治療対象部は特定できない。重さの加わる方向が異なるからだ。治療姿勢/検査そして治療は(比喩的に述べれば)、同一線上でおこなう。

同一線上とは
いま腹臥位で治療を開始せよとでた。腹臥位で検査をし、治療対象部を特定した。とう然、治療は腹臥位のままおこなう。それを側臥位や仰臥位に姿勢を移して治療してはダメだ。
検査姿勢と治療姿勢を変えたばあい、治療対象部をつうじて与える刺激が、脳/臓器/器官等に対して質に同一だという保証はない。

「本日の治療」終了時点でおこなうハカリ/さげふり糸/(音検査)を用いれば、その意味を理解してくれると思う。検査/治療姿勢をかえるのは、治療論に誤りがあると考えるべきだ。

◆身体は非線形系
治療マニアル/自分の治療方法/以前のデータを参考にする等。こういった考え方は、原理として成り立たない。
非線形系では、全体は部分の集合より常に大きい。言いかえれば、同じカタチは二度と出現しない。

◆患者さんに触れておこなう「本日の治療」終了検査は、避けるべきだ。
例えば脚長検査で「本日の治療」終了とでた。この患者さんをハカリ上で再度検査する。
多くの場合、ハカリ上で左右の重さは等しくなっていない。左右の脚長にはまだ差が残っている。「本日の治療」を終了する条件をまだ満たしていない。

身体の側方から垂直レイザーをもちい身体の前傾も同時に検査することを薦める。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

87回目 アルツハイマー病の自己診断

最近、認知症にたいする保険をいろいろな保険会社がうりだした。利益がでると見込んでいるのだろう。 また、認知症早期発見のアプリもでている。school@waichisato.com
いま日本では認知症を引き起こす原因の60%が、アルツハイマー病によるものだという。

世界的には3000万人のアルツハイマー病の人がいる。Weil先生による自己診断法といえる、アルツハイマー病の徴候がのっていた。

❖同じことを何度も聞く
 いままでやっていた仕事の手順を他人に聞く。あるいは他人を頼るようになる。
 本人は良く分かっている作業なのに、その完成に時間が多くかかるようになる。
 ・料理を作る時間が長くなる。
 ・月々の支払い金額が分からなくなる。
 
❖よく分かっている事が分からなくなる
・普段自分が使用している、運転道路があやふやになる。
・常に使用している電話番号が、分からなくなる。
・好きなゲームのルールが分からなくなる。

❖時間と場所が分からなくなる。
・日常をわすれる。
・行先を忘れる。人を思いだせない→忘れる。
・意識することなしに、時間の経過を忘れる。

❖視覚的イメージの理解ができづらくなる。
・読むこと。
・色の識別/コントラストが分からなくなる。
・物と自分の腕の距離間が分からなくなる。
・鏡に映る自分の顔を認識できなくなった。

予防
抗炎症性の食事の推奨。Omega-3/脂肪酸を多くふくむ食事がよいようだ。この2つは色々な病気にも効果がある。アルツハイマー病もこの効果の内にはいる。

新鮮な果物/野菜/クルミ(omega-3を多く含む)/養殖でないアラスカサーモン/
亜麻仁油の種を粉にしたもの→たぶん自分でミル:粉にする。オイルよりも良い。
UCLAの研究によれば、Glutenグルテンを含まない食事を続けると。初期アルツハイマー病なら、逆転していくようだ→直っていくようだ。

❖参考―グルテンについて
大麦、押し麦、丸麦、ライ麦、そら豆…実は色々な雑穀・豆類にはグルテンは含まれる。
https://www.binchoutan.com/gluten-free/index.html
上記URLはグルテンを含む食品について述べている。

◆今回のテーマとは直接関係ないが、非常に興味ある記事を読んだ。                 文章の書きだしが、「あなたが信じようが信じまいが」とはじまる。研究によれば風邪/インフルエンザ時期に外へ出て、より多くの人と会話等で交わる。その罹患率は低下するというのだ。                        
また日常生活においてI/Me/mineの単語使用頻度は、心臓発作の発生率と相関性があるという。日本語的意味でいえば,私/私の家族はという単語を多く用いる人は、心臓発作の発生率がひく。言いかえれば友達/家族がいると、心臓発作の発生率は下がるというのだ。

◆もしかすれば、認知症の発生率も下げられるかもしれない?NHKのTV番組「スーパー・プレゼンテーション」で見た話がある。
アメリカのあるシスター(女性・宣教師)団体がその死後、研究のために彼女達の身体を寄贈するというのだ。
解剖をすると、彼女たちの何人かはアルツハイマー病に罹っていた。 しかし生前、その症状はまったく発現されていなかったというのだ。
この事実を発表した女性科学者によれば、日々失われていく記憶以上に、彼女たちは日々多くのことを学んでいった。                           失うものより得るものの方が多かった。結果、生前アルツハイマー病が発症しなかった 理由だというのだ。

80才をすぎると、二人に1人は認知症を発症するという現在、貴重な研究結果だと思う。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

86回目 体幹/インナーマッスルトレーニング

体幹トレーニング/インナーマッスル・トレーニングは、それ自体を主目的に鍛えることはできない?
最近、運動における1つの方向性として、体幹トレーニング/インナーマッスルの重要性が指摘されている。

サッカー日本代表のN選手も体幹トレーニングの本をだした。その他にも色々な本がでている。ただその多くが、recumbent:横向きによるトレーニングを多くふくむ。

2年ほど前のことになる。大相撲で日本人大関・Tが優勝をした。この原動力の1つとなったのが、彼がおこなった体幹トレーニング法だった。マスコミはこぞってトレーニング中のT関の映像をTVで放映した。見た人もいるとおもう。ただ残念ながらその後、T関が優勝戦線に顔をだすことはなくなった。

私は彼らにアドバイスをしているだろう指導者に少し違和感をかんじる。その指導者たちは体幹をトレーニングするのが、体幹トレーニング。深部筋肉を鍛えるのがインナーマッスル・トレーニングだと考えているのではないのか?この考え方に疑問を感じるのだ。

20年ほど前になる。日本水泳陣が大敗をきっしたことがあった。水泳に必要な筋肉を陸上で補強したのがその失敗の動因だった。結局鍛えるとは、その競技種目の中でしか鍛えることができない。

野球の落合元監督がいうように、「野球は野球ごっこする以外にうまくなる道はない」。
これは野球に限ることではない。

事実
長い歴史的をもつ相撲/少林拳武術は、体幹/インナーマッスル・トレーニングを主目的とした稽古はしていない。私も沖縄剛柔流・伝承者の一人「渡口政吉」先生からそのようなものは習ったことがなかった。

何をどのように訓練すれば良いのか。元横綱:貴乃花の四股/南派少林拳・主戦闘論
「三戦:サンチン」から理解できることがある。どちらも足の親指の意識/Sin90°→Y軸(上下)の意識を大切にしていることだ。

少林拳武術は
意識/インナーマッスルに影響をあたえる方法として、立禅をもちいる。カタチつくり
1日:4~8時間、動くことなくただその姿勢を維持して立つ。動きの中にインナーマッスル・トレーニング法はない。

一般人はどうすれば良いのか。
比較的、語る立場にある治療者には参考になるだろう身体操作法がある。肥田式強健術。
年齢/日常の仕事・生活等に追われ、トレーニングの時間をもてない。トレーニングジムにもいけない。でも何かしたい。治療者としてこういった患者さんへのアドバイスの参考になると思う。

ただ私は強健術について詳しくはない。
肥田式強健術に興味のある人は、長野県飯田市座光寺の松村接骨院・院長松村秀樹先生に教わることを薦める。いまはスカイプもある。全国どこからでも教わることはできる。

松村先生は雪のふる中でも、素足に下駄/鼻緒のある履物を履いている。上半身は薄い
Tシャツ1枚。雪のふる中でも上半身は裸で稽古をする。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

85 回目 コレステロール値について

前回85回目にたまたまコレステロール値について、昭和2年生まれの女性の質問をあげた。「なぜ、脂質食品あまりとらないのにコレステロール値が上がるのか」というものだった。   メール:info@waichisato.com

2週ほど前、TVを見ていたら、最近のコレステロール値についての見解が述べられていた。
「コレステロール値は直接的には食品に関係しない」というのだ。肝臓であとからつくられるという。

私はコレステロール値の変化が、身体の横揺れ構造と関係するのがわかっていたので納得をした。

ここで1つ提案がある(wiki)
ビタミンB3についてだ。害になるようなコレステロールレベルを低下させる一方、HDL:身体に有益なコレステロールを増加させる働きがある。心臓病のリスクを軽減させる。
研究によれば心臓血管系の疾患リスクは、HDLによって下がるという。

少し強めの運動もHDL値を増加させるようだ。喘息の低下/動脈硬化治療/予防にも効果がある。心筋梗塞/アルツハイマー病/関節炎にも効果があるようだ.(weil)。

食事によるビタミンB3の摂取
ニワトリの胸肉/マグロ身/子牛の肉/精製(白くしていない)していない穀物等がビタミンB3をおおく含む。

いま1つ
ネット上に元東北大学名誉教授:近藤正二先生のことがのっていた。食事との関係で、ヒトが長生きをする/長生きをしない理由をもとめて、日本中を歩きまわった先生だ。さらに
移民1世にくらべ、2/3世が長生きをしないので、その理由を求めハワイにも行ったようだ。

近藤先生によれば1世は、野菜/海藻/豆腐などを食べていたので長生きをした。2/3世の時代は肉ばかり食べるようになったという。

同じ資料に2015年10月のWHOの報告がのっていた。
「加工肉は発ガン性がある。赤い肉もおそらく発ガン性がある」。赤い肉/加工肉の摂取が多くなるほど、大腸ガンになる可能性が高くなるという。脳卒中や死亡率の上昇にもつながるようだ。
赤い肉は、牛肉/豚肉をさす。白い肉は鳥肉をさす。身体には鳥肉の方が良いようだ。

これを読んで以後、私はできるだけ白い肉(=鳥肉)を食べるようにしている。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

84回目 治療で大切なこと・その2

体表医術者としての考え方
化学物質の変動は、化学エネルギーの変動にのみ起因するのだろうか。パーマー哲学の中に「メジャー/マイナー」という教えがある。

化学物質が動因で、化学エネルギーによって疾患が発生したばあい、その化学物質の発生源がメジャーになる。

もし
何らかの影響をうけて、化学物質が2次的/3次的に発生したばあい、その発生源はマイナーになる。
先の例でいえばコレステロール値の増加は、化学的動因をメジャーとするものだけだはない。

さらにパーマー哲学はいう。「メジャーを治療せよ。マイナーには触るな」。

臨床の中では
コレステロール値の変動が、構造力学的におきる場合のあることも確認している。赤血球/白血球の増減についても同様に確認している。

ただ根本的には食事/運動の大切さ。それにつづくのが治療になることを忘れてはいけない。
臨床へ
コレステロール/中性脂肪値の上昇は、その食事に精製された炭水化物があることがわかる。 *精製された炭水化物:白米/白パン/加糖飲料の意味。

食事として体内に取られ、関与する臓器/器官等がある。言いかえれば発生源がある。
その発生が化学的に不調になったという確証はない。精神/物質的動因の可能性も化学的根拠と同じ分だけある。

その発生源を系統発生学的に特定。力学的に治療するのだ。カタチは変化してもその機能は5億年間保たれている。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

83回目 治療で大切なこと

食事/運動。それに続くのが治療になる。治療者の中には、治療が第1番目にくると考える人もいる。順番を間違いないことを期待する。

血液検査結果(表)
高度に医療が発達した我が国では、多くの患者さんが血液検査結果をもっている。その検査をもとに食事と運動/治療を考えることを提案する。

正常範囲をこえる血液中の化学物質の値は、それぞれに動因をもつ。例えばコレステロール。
他のテストによる疾患の決定に役立つ。増加/減少は多くの内分泌系の機能亢進/抑制(=低下)と関係する。 *詳細は他の文献を参照にしてもらう。

また多くの器官の機能抑制にも関係するようだ。一般的にコレステロールの増加は機能抑制。減少は機能亢進につながる。

20年以上前のことになる
昭和2年生まれの女性からこんな質問をされた。「私は油ものを食事として、ほとんど取っていない。食事は全体的に昔の日本人が食べていたようなものをいただく。それなのに、なぜ私のコレステロール値は高いのですか」というものだ。

この時
コレステロール値を上げる因子が、食事以外にもあるのではと思った。確かに1番目の因子は食事。ただ2番目以後に他の因子もあると考えるようになった。

もしかしたら
コレステロール値に限ったことではない。色々な血液中の変動値も、2番目以後の因子で起こりえる可能性もある?

それからは来院される方で血液検査結果をもっている人には、本人の同意を得てコピーさせてもらっている。大いに治療の参考になる。また治療の成果もわかる。

リバウによれば構造力学的つり合い条件で、X/Y/Z軸はΣ=0になる。これを身体上下方向に熱的。左右方向に熱以外の因子で展開をした。

結果、赤血球・白血球の増減。血色素/HbA1c/コレステロールなどなどの変動値を、体表医術的に理解できるようになった。
体表医術と血液中の変動値については
体重移動検査に音をくわえ、変動値との関係についてより詳細に理解できるようにもなった。

❖運動の大切さ
高齢者では患者さん自らの運動が非常に大切だと感じた。例えばカーブス週3回。ダンス週2回おこなう86才の女性がいる。*カーブス:女性専科の町の運動施設。
78才の時にダンス中、身体がふらつくようになったといって来院した。

その時
高齢者では自身による運動を伴わない治療は、ほぼ無力に等しいことを話した。彼女はカーブスに行くようになった。86才のいま彼女はダンス中、全くふらつかないという。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ